焚火セット入れ(キャンプ用品薪入れ)

先日キャンプに行きましたが

その時にオイラの趣味の

焚火を楽しんできました

 

さて皆さんは焚火に使う薪・炭や斧・鋸等を

どの様に持って行きますか?

専用のBOXを買う方もいると思います

いやいや折コンテナでいいよって方もいると思います

オイラは前まで折コンテナ(折り畳みコンテナ)でした

でもなかなかいいサイズがなかったんですよね♪

大は小を兼ねると言って大きな折コンテナに

薪から何やらを全部ぶち込んで持って行ってました

折コンテナは畳めばコンパクトになりますが

結局のところ帰りも斧やら何やら道具が残るので

折りたためずにコンテナのまま帰って来るんですよね

折りたためない折コンテナなんですよ結局

それにプラスチックの為割れたりしますし

オイラの使っていた折コンテナも割れてしまいました

 

そこで安価で丈夫な焚火セット入れを作ることにしました

まず入れ物になる物です

車の20Lオイル缶を用意します

っと言っても普通では身近にないですよね

でもガソリンスタンドや車屋さんで

くださいな♪っと言うと大抵は頂けます

車検の時とかに頼むといいかもしれませんね

後は100均で好きな色のスプレー缶

100均はスプレー缶小さいので

満遍なく塗りたいのなら2缶ほど必要です

好きなシールを好きなだけ

仕上げ用のクリアスプレー缶1缶

用意するのはこれだけです

 

まず換気のいい所でオイル缶に

好きな色のスプレーをします

オイラはMobilのデザインも使いたいので

シルバー色のスプレーを部分的に塗ります

厚く塗ると液だれしますので

うっすらと塗るイメージで2回位に分けて塗ると良いです

よく乾燥させたら好きなシールをペタペタします

シールが剥がれないように

全体的にクリアースプレーを塗ります

クリアスプレーも厚く塗ると下地のペンキが

液だれしますので薄く満遍なくスプレーして下さい

スプレー缶は薄塗りが基本だと思ってください

あとは乾かせば終わり୧꒰*´꒳`*꒱૭✧

簡単に自分の好きなデザインの焚火セット入れの完成です

後はここに薪一束・BBQ用の炭・着火用の木片(オイラは竹)

ナタ・ハンマー・ノコギリ・トング・スコップ等々をいれます

ご覧の様にすっぽりと入ります

薪の長さが25~30㎝ですので

若干高さが出ますのでぴったりと蓋はできません

100均で布を買って被せてもいいかもしれませんね

車に乗せる時はごみ袋をかぶせれば倒れても大丈夫

薪を地面に置くと地面からの湿気を吸ってしまいます

専用の薪置きを持って行くのもいいですが

この焚火セット入れはそのままポンっと

置いておけるので楽です

焚火セットや薪を焚火台の周りに飾るように

置きたい方には向いていませんが

オールインワンなセット入れとして

置いておくなら大変便利です

自分でデザインもできますので

オリジナリティを出せます

キャンプ場で周りに人が居ないのであれば

ペンキ缶スプレーとシールを持って行けばできますので

おおっ♪作ってみるかのぉ?って方は簡単ですので

是非お試しください

 

材料

・20Lオイル缶

・好きなスプレーペンキ缶

(100均の場合2つ)

・好きなシール多数

・クリアスプレー缶

必要なら上に掛ける布

 

オイル缶以外は100均で揃えますので

300~600円でできると思います

とりあえず近くのガソリンスタンドか車屋さんへGO!

あなたが広報部長♫ フォロー&いいねをよろしくね♫

前の記事

アリタキ植物園