JR小海線「八ヶ岳高原線」

JR小海線は山梨県小淵沢駅~長野県小諸駅間の普通鉄道線

東日本旅客鉄道(JR東日本)の鉄道路線(地方交通線)

全長78.9 kmで「八ヶ岳高原線」の愛称が付けられている

八ヶ岳の麓の標高1000mを超える八ヶ岳南麓を走り

清里駅─野辺山駅間には

標高1375 mのJR鉄道最高地点があります

野辺山駅はすべてのJRの駅で最高の標高にあり(1345.6m)

JR小海線の9駅がJR駅標高のTOP10に入っています

ちなみに10番目の駅が隣の中央線の富士見駅で

1932年(昭和7年)12月27日に小海線の小海駅から

佐久海ノ口駅までが開通するまでは

国鉄では最も標高の高い駅であった

実は当初小海線は富士見駅始発駅に計画されたが

土地買収等がうまくいかず小淵沢駅に変更された

当初の計画通りに行っていればTOP10全駅小海線になっていた

1野辺山駅

2清里駅

3甲斐大泉駅

4信濃川上駅

5佐久広瀬駅

6佐久海ノ口駅

7甲斐小泉駅

8海尻駅

9松原湖駅

10富士見駅

小淵沢~小諸に向かって左手に八ヶ岳を臨み

高原地帯を走ったのち

千曲川(新潟に入ると信濃川となる)沿いの谷間を抜け

佐久平地域に入ると市街地となります

佐久平駅は北陸新幹線との接続駅で

岩村田駅と中佐都駅の間は高架となり

新幹線の上を走るという全国でも珍しい構造になっています

乙女駅からはしなの鉄道と並走して終点の小諸駅に到着します

かつて小海線線を走っていた蒸気機関車C56が呼ばれていた

「高原のポニー」という愛称は

復活運転でC56が牽引した

『SLのべやま』臨時列車が由来だそうです

高原地帯を走行する路線を走行した小柄なC56を

小型の馬のポニーと見立ててそう呼んだそうです

復活運転以降はC56は小海線では走っていません

小海線=C56=高原のポニー

なのです

が・・・

 

 

カナディアンロッキー・こっつぁんち周辺の見どころへ戻る

次の記事

野辺山高原