八ヶ岳自然郷

八ヶ岳自然郷

2020年7月26日 オフ 投稿者: canadianrocky

海ノ口牧場跡地に50年以上前に

カラマツを33万本植樹して作られた分譲別荘地

1000坪からの分譲地でその後500坪400坪となりました

 

シンボル的な存在の「八ヶ岳高原ヒュッテ」は

東京・目白にあった元公爵徳川義親氏(尾張徳川家19代当主)

の邸宅を譲り受け移築されホテルとして営業をされました

1976年テレビドラマ「高原へいらっしゃい(山田太一原作)」の

舞台としても利用されました

田宮二郎・由美かおる主演で放送されました

イギリス中世のチューダー様式の建物は

1934年(昭和9年)に建てられました

設計は東京国立博物館、日比谷第一生命館や

銀座和光などを手がけた渡辺仁氏です

2003年テレビドラマ「高原へいらっしゃい」が

佐藤浩市・井川遥主演でリバイバル放送されました

 

 

「八ヶ岳高原ロッジ」は

1975年に15室で開業しました

その後2回の増築を経て現在は2つのレストラン

7タイプ68室のゲストルーム

暖炉のあるバー、テニスコートや陶芸工房も備え

別荘オーナーのコミュニティの場としても親しまれています

 

「八ヶ岳高原音楽堂」ができたのは

音楽好きな別荘オーナー同士が

開いていたレコード鑑賞会でした

それが八ヶ岳高原ロッジのロビーで開かれる

「八ヶ岳高原サロンコンサート」へと育ち

「いっそ本格的なコンサートホールを作ろう」と

いう機運の高まりを受けて誕生したのが

「八ヶ岳高原音楽堂」です

20世紀最高のピアニストスヴャトスラフ・リヒテル氏と

日本を代表する作曲家・武満徹氏をアドバイザーとしてむかえ

木の響きを活かした音楽ホールは

吉村順三氏の設計により完成しました

特徴的な2つの三角屋根は

自然郷から見える天狗岳と男山を象っています

席数わずか250のホールでは

カラマツの無垢板の反響が繊細で

表情豊かな「本当の生の音」の魅力を教えてくれます

カラマツは初夏の若芽の緑から夏の深緑となり

きれいな秋の紅葉へと季節の移ろいを見せてくれます

ドライブ・ツーリング・サイクリングに

おすすめ木漏れ日ロードです

 

カナディアンロッキー・こっつぁんち周辺の見どころへ戻る