海ノ口宿

海ノ口宿

2020年7月26日 オフ 投稿者: canadianrocky

海ノ口宿(長野県南佐久郡南牧村海ノ口)は

佐久甲州街道(佐久甲州脇往還)の宿場町でした

 

平安時代には八ヶ岳の山麓が崩壊し

形成された堰止め湖(河道閉塞)が

303日後の仁和4年5月8日に決壊し

発生した土石流が原因と考えられる洪水が起こった

大月川に出来た河道閉塞の湛水量は5.8億m3と推定されている

その時にできた湖(海)【南牧湖】の流入部で海ノ口言われるようになった

またその決壊時の土砂が善光寺平(長野市)以北まで

到達し多くの人馬建物城が流された

 

軍事的要衝の地で戦国時代には海ノ口城が築かれ

天文5年(1536)には武田信虎が侵攻し

激戦が繰り広げられています

城主平賀源心(玄信)は海ノ口城で

武田勢に包囲されるものの一ヶ月あまり防戦し

武田勢を断念させたという

この海ノ口攻めは信虎の嫡子である

晴信(のちの信玄)の初陣であったといわれ

『軍鑑』では晴信の奇策により落城し

玄信は討死したという

武田家の持ち城になると

武田信玄の佐久侵攻の際には陣所に利用されるなど

引き続き重要視されていました

 

平沢宿との間に野辺山原があり

三里(約12km)の間全くの無人で

ことに厳寒の行旅は旅人にとって極めて厳しい難所であった

平沢峠(佐久甲州街道ー南牧村)と

信州峠(佐久甲州街道の脇往還の峠ー川上村)への

分岐点に当たる

 

 

カナディアンロッキー・こっつぁんち周辺の見どころへ戻る