南牧村美術民族資料館

南牧村美術民族資料館

2020年7月26日 オフ 投稿者: canadianrocky

野辺山駅の玄関口に

銀河公園と南牧村美術民族資料館があります

銀河公園には小海線で活躍していた

C56「高原のポニー」が展示されています

南牧村美術民族資料館は村の歴史が

解りやすく展示してあります

あだち賢氏や有名な鉄道写真家である

故塚本和也氏のご家族から

多数の写真、蒸気機関車に関する書籍、模型

当時のカンテラなど多数の貴重な資料を

寄贈いただきロビーにて展示しています

鉄道に関する書籍を自由に閲覧できるコーナーもあり

鉄道ファンにはたまらない場所でもある

旧石器時代から始まる歴史も見られます

多くの石器が展示してあり

全国から多くの考古ファンが訪れます

八ヶ岳に生息する鳥類の剥製が展示されています

昭和16年に板橋地区で猫と格闘中に

人によって生け捕られた

イヌワシの剥製が展示されています

村内で捕獲された熊やキツネ・猪等の

動物の剥製も多数展示されています

現在でも時折南牧村にてその姿は確認されます

今ではなかなか出会えなくなった鳥たちも見る事ができます

それ以外にも村内の標木もあり

こんなにたくさんの木がある事の驚かせます

料金は大人300円、小中学生250円です

最高な事に南牧村村民になれば無料で入れます

どうです?これを機に移住なんてのは?

 

 

 

カナディアンロッキー・こっつぁんち周辺の見どころへ戻る